偏食コラム第2回


お子さんに偏食が見られた時の対応として大切な4つの鉄則

今回は前回のコラムで紹介したお子さんに偏食が見られた時の対応として大切な4つの鉄則をご紹介します。

鉄則その1、食べない原因を考えましょう。

子どもによって食べない原因は様々です。

その原因を考えないまま対策を講じても逆効果となります。まずは原因を考えましょう。

下記がその一例になります。
・食感や味が苦手
・食べ物のにおいが気になる
・食器が使いづらい
・食べる場所や環境が気になる
・食べることに関心が薄い
・食べることに嫌な経験があった

鉄則その2、無理矢理食べさせない。

偏食は無理に一口食べたからといって解決するものではありません。
無理に食べさせると、食事に対して恐怖心を植え付け、偏食を悪化させることがあります。
無理に食べさせるのは控えましょう。

鉄則その3、スモールステップで取り組みましょう。

偏食を減らすor無くしていくにはかなりの時間を要します。場合によっては年単位での対応が必要なこともあります。

なかなか改善が進まなくても、親は諦めないこと。
子どもに合った、ゆっくりとしたペースで指導を行っていきましょう。

例えばリンゴであれば、1日目はごく薄く切った小さなリンゴを1切れ、それを口にできたらすごくほめる、次の日には2切れ、口にできたらもちろんほめる、その次の日は16分の1にカットしたリンゴ、そして8分の1にカットしたリンゴ、次は4分の1カットといった、小さなステップで地道に進めていくことが大切になります。

鉄則その4、変化を最小限にする。

発達障害(ADHDやアスペルガー障害)の傾向のある子どもは変化を嫌います。「いつもと違う…」という不安感が心の落ち着きを奪い、偏食にも影響するのです。

ですから、食事の際に使うお箸や、スプーン、お皿、コップ、ランチョンマット等は固定した方が良いでしょう。

また食事の際に座る位置、「いただきます」と「ごちそうさま」もいつもと同じような流れで行うのが良いですね。

幼児期に偏食を改善させることの大切さについて

幼児期に偏食の指導を行っても、なかなか思うように進まないことは多いです。

しかし年齢の小さな時に指導を行っておくことで、そのお子さんの生涯にわたって食の幅の広がりを後押し、偏食を改善させることに繋がっていきます。

これを行えば必ず偏食が良くなるというものはありませんが、小さな頃から工夫しながら地道に取り組むことが大切なのです。
「この子は特定のものしか食べない、食べるものだけを用意しておけば良いか」といった対応は、何の改善ももたらしません。

継続的な指導は子どもの偏食の改善だけでなく、食事をすることの楽しみの発見にも繋がります。
小さな頃に指導を行うことは、お子さんの生涯にわたっての食生活を豊かにするのです。