偏食コラム第1回


はじめに

本コラムは「保護者の方」向けの内容となっております。

保育者の方はチャイルド本社より発行されております書籍「具体的な対応がわかる気になる子の偏食―発達障害児の食事指導の工夫と配慮 」をご覧ください。

第1回:発達障害(ADHDやアスペルガー障害)の傾向がある子どもの極度の偏食

1、発達障害の傾向がある子どもの極度の偏食

偏食にも色々種類がありますが、その度合も様々。

特に「極度の偏食」であれば、その食品を作っているメーカーが違えば、どんな調理方法をもってしても箸をつけないということがあります。

一口なら食べられるというケースは少なく、全く食べられないのです。

このような極度の偏食は、発達障害(ADHDやアスペルガー障害)を持つ子どもに顕著に現れる傾向にあります。

発達障害の傾向のある子ども全員が偏食傾向があるわけではありませんが、当サイトではそのような発達障害の傾向のある子どもへの食事の指導に関して特化した情報をお届けします。

食事は日々の根幹にあるもので、その度にお子さんの食事で大変なことは多々あると思います。

食事は身体づくりの第一歩ですから食べなかったら諦めるというのも難しいことですしね。

本サイトの情報がそんな皆さんの支えになればと思います。

2、まずは偏食の原因を考えてから対策を

極度の偏食のある子どもに無理に食事を与えても、強い抵抗を示すばかりか食事に対して恐怖心を持つことになり、偏食を悪化させる可能性が出てきますので無理をしない方が良いでしょう。

子どもの偏食を解消させるために、インターネット等で指導法を調べる方は多くいらっしゃると思います。

しかし、WEBに掲載されている中で上手くいっている事例は、たまたま上手くいったケースばかりで、子どもによって成功の可否は様々。

他のお子さんで上手くいった方法が必ずしもご自身のお子さんにも通用するということは、なかなかありません。

極度の偏食は子どもの性格や育った環境、今までの食事との向き合い方によって様々なのです。

大切なのはまずは偏食の原因を考えることと、それに適した対策を講じることです。

やみくもに試してみるのではなく、まずは原因をよく考えお子さんのペースとも相談しながら対策を進めていきましょう。

ゆっくりと少しずつのペース(スモールステップという)で進めていき、お子さんに少しでも偏食の改善が見られた時は大袈裟にほめてあげましょう。

その繰り返しが、確実に偏食の改善を進めていきます。

次回はここで偏食がみられた時の対応として大切な4つの鉄則をご紹介します。