考える前に行動してしまうお子さんを支援するコツ

子ども 行動がわからない

衝動的に行動してしまう子どもがいます。ADHDの傾向がある子どもによく見られます。

興味のあるものが目に入ったり、聞こえたりすると、「今は、こうしなければならないときだから動いちゃだめだ」と考える前に、身体が動いてしまうのです。

友達と遊んでいるときや、先生がお話をしている時でも、外から鳥の声が聞こえたり、蝶が飛んでいるのを目にしたりすると、いきなり飛び出してしまうというのがその一例です。

障害のない子どもであれば、「今は何をしなければいけないときなのか」を考えたり、「興味はあるけど、外に出たら先生やお母さんに怒られる」と思って、「やってはいけないこと」と考えますが、衝動性の強い子どもの多くは、とっさに状況を判断する力が弱いために、自分の行動を抑えることができません。

 このような子どもに対して、叱ってもほとんど効果はありません。叱り続けると、二次障害の危険性が増すだけです。大事なことは、「事前にルールを決めて、守れたらほめる」を徹底することです。

お子さんにルールを守らせる方法

147708子どもが行動する前に「やってはいけないこと、やらなくてはいけないこと」を確認させます。

たとえば、駐車場で車を停めて降りるとき、まわりを見ずにいきなり走りだしてしまう子どもがいます。そのときには、車から降りる前に、「車を降りたら、どうすればいい?」というように、子どもにたずねてください。

「車から降りたら、ママと手をつないで歩く」というふうに決めて、自分から答えるようにしていきます。

そして実際に手をつないで歩いたら、子どもをほめます。数秒でも走りださなかったら、またほめます。ほめていきつつ、徐々にルールを守る時間を延ばしていきます。

衝動的な行動は子どもが何かを見たり、聞いたりすることがきっかけになって起こることが多いです。

子どもの周囲に、気がそれるようなものを置かないことも大事です。窓の外を見えないようにしたり、家の中ではおもちゃなどが見えないようにすることが、環境を整えることにつながります。

家では衝動的な行動が見られなくとも、幼稚園や保育園でそのような行動にを起こす子どももいます。園では、順番を待ったり、集団で行動したりしなくてはなりません。そのため、家庭では気づかなかった衝動性が目立つのです。

先生から指摘されたら、「そんなはずはない」「うちではいい子です」と否定するのではなく、まずは話を聞いてください。どの姿も、自分の子どもの一側面であると、とらえることが大切です。

        ⇒次を読む 複数のことを同時に行うことが苦手なお子さんを支援するコツ