複数のことを同時に行うことが苦手なお子さんを支援するコツ

子ども 呼ばれても気づかない

「ながら行動」とは、音を聞きながら手を動かす、動いているものを目で追いながらキャッチするなどの、複数の動作を同時に行うことです。このことが苦手な子どもは多くいます。

1つの動作に気をとられていると、ほかの動作に意識が向かないのです。とくに運動の場面では、「ながら行動」をしなければならないことが多くあります。

ながら行動への配慮

085192たとえばボール投げや縄跳びは、大人からしたら実に単純な運動と思うかもしれません。しかし、投げる方向を見ながら腕や手首を動かしたり、縄をまわしつつ目で追ってジャンプしたりと、いくつもの動作を同時に行っているのです。

まずは、できるかぎり子どもが複数の動作を同時に行わなくてもいいように、配慮してあげてください。

また、子どもが遊んでいる最中に、親が声をかけても反応しないことがあります。これは、「遊ぶこと」と「声に反応すること」という、2つの動作を同時に行えないからです。

例:遊んでいる子どもに声を掛ける方法

088501「どうして何度声をかけてもふりむかないのか」

「親を無視している」

などと怒るお父さん、お母さんがいますが、間違った対応です。

この場合は、子どもの側へ行き、肩をたたいたり、子どもの視界に入ってから手を振ったりして、まず子どもの注意をこちらに向けさせます。そして遊びの手をとめたことを確認してから、話をするようにしてください。

どうしても複数の動作をさせなければならないこともあります。その際は細かいステップに分けて、少しずつできるように練習します。

縄跳びなら、まず床に縄を置いて、そこを飛び越える練習をします。次には床に置いてある縄を親がゆらして、そこを子どもが飛び越える練習をします。次に縄を手で持って…というような感じで、動作を1つずつ分けていきます。

できるようになった動作を組み合わせていくことで、複雑な動作ができるようになります。

                   ⇒次を読む 変化が苦手なお子さんを支援するコツ