子どもに英語力をつけるために必要なことは?

「小学校入学前の英語教育」が話題になっていて、私もよく耳にします。うちの子どもは生まれたばかりですが、やはり英語が得意になるには早期教育が肝心なのでしょうか? いつごろから勉強させればいいのか、教えてください。

「生きた言葉」を学ぶことが大事!

英語教室

子どもは日常生活の中で、「見る」「聞く」「さわる」といった直接体験を何度もしていくうちに、言葉を覚えていきます。このような直接体験を重ねることで 語彙(言葉の種類)が増え、「生きた言葉」を獲得していきます。会話として使える言葉というのは、この生きた言葉に他なりません。

ドリルや練習帳を使って「赤い」「熱い」という言葉を覚えたとしても、生きた言葉を学んだことにはならないのです。日本人は日本語で物事を考えています。考える力を養うには、日本語、特に日本語の語彙(ごい、単語の種類)がきちんと身についていなくてはなりません。

英語学習のポイント       

  1. ・「相手の言うことを理解すること=理解力」
  2. ・「自分の言いたいことを伝えること=伝達力」

 

この2つです。

この2つができてはじめて、英語によるコミュニケーションができるのです。英語の理解力と伝達力は、日本語の理解力と伝達力がなければ、高められません。
5歳頃までは、まず日本語をしっかり覚え、日本語による表現力を身につけることが大切であり、日本語の学習をしっかりしながら、6歳以降で英語を楽しんで学んでいくことが上達の秘訣です。

回答者 徳田克己先生

筑波大学医学医療系教授。教育博士、臨床心理士、専門は子ども支援。全国の幼稚園、保育所などを巡回して、保育者や保護者を対象とした気になる子どもの相談活動を行っている。「気になる子どもの保育ガイドブック」「育児の教科書クレヨンしんちゃん」(福村出版)、「親を惑わす専門家の言葉」(中央公論新社)など、著書多数。