変化が苦手な子どもを支援するコツ

こどものスケジュール

発達障害のある子どもの多くは、変化に弱く、臨機応変に目の前のことに対応することが苦手です。

いつもと同じパターンであれば問題なく行動できても、少しでも状況が変わると、ひどく不安を感じたり、逆に興奮しすぎてしまうのです。

変化が苦手なお子さんへの配慮

まずは、できるだけ生活をしていく中で、変化なく、決まったパターンで過ごせるように工夫してみてください。

朝起きてから寝るまでのスケジュールを組み、それに沿って生活できるようにします。スケジュールは紙に書いて貼っておくと、子どもは確認しやすくなります。それぞれの行動に具体的なイラストをつけたり、必要なものを絵で描いて示しておくと、さらに子どもは理解しやすくなります。

もちろん、日常生活をいつも同じように送れるとは限りません。お母さんやきょうだいが熱を出したり、急なお客さんがあったり、様々なことが起きるものです。いつもと生活のリズムが違ってしまうときは、その都度何があるのかを子どもに伝えてください。

例:スケジュール表や書いた絵を使ってお子さんの不安を軽減する方法

スケジュールを書いた表を示しながら、「おでかけはなくなったけど、おばあちゃんが来るよ」などと伝えます。そのときに、絵や写真を使うとさらにわかりやすいです。

来客者の写真があればそれを見せるのもいいですし、車に乗るならば、車の絵を見せて、「これから車に乗るよ」と伝えます。

行事ではじめての場所に行く前に、下見に行く

日程に余裕があれば、幼稚園や保育園の行事などで行ったことのない場所に行く前に、下見に行くのも効果的です。

はじめて行く場所は、子どもにとって不安なものです。その場所のどこに何があるか、どのような場所なのかわかれば、行事当日の不安は軽減し、興奮せずに過ごせます。

家から出ると不安がる子どもには、「お守り」を持たせよう

家では安心して過ごせても、家から出ると不安になってしまう子どもがいます。

そのような子には、お気に入りのものをお守りとして持たせます。できるだけ、活動の邪魔にならないような小さいものがよいでしょう。好きなキャラクターのついたもので、持ち運びのしやすいものが適しています。

⇒次を読む 行動の途中で集中力が途切れてしまうお子さんを支援するコツ