座談会レポート⑬「うちの子、もしかして発達障害?」

多動Bさん:みんなで座っていてもうろうろしてしまったり、集団行動をしていても好きなものが目の前にあるとそっちに行ったりしてしまいます。

例えば、今は靴を履かないといけないのに、目の前で年中さんや年長さんがお遊戯をしていたらそちらに集中してしまうんです。

園長先生から「多動症じゃないか」と指摘を受けました。

徳田好きなものがあってそちらに興味を惹かれてしまうというのは普通ですよ。

それに、4月生まれの子と2月生まれの子の成長に差があるのも当然のことです。

Aさんうちも障害が心配です。

本当に集中してずっと見ているときもあれば、集中していないときもあります。

徳田集中が長く続くのであれば、この年齢ではあまり心配ありません。

むしろ集中できない、あれこれ注意が飛んでしまうことがあるなら、少し心配ですね。

Bさんおもちゃを1個ずつ、まっすぐにそろえないと気が済まないところもあるんです。

自閉症とか発達障害が本当に心配なんです。

徳田毎日毎日同じおもちゃで遊んだり、同じことを繰り返すのが発達障害で見られる「こだわり」です。

Bさん同じものは飽きちゃいますね。

徳田発達障害で一番心配なのは、ほかの人の感情がわからないことです。

目の前の人が怒っているのか、笑っているのかもわからないとなると、困りますね。

Bさん感情はわかると思います。

Aさんうちはちょっと敏感かもしれません。

私の口調がちょっと尖っていたり、つっけんどんだったりすると、すぐに「ママ怒ってるの?」って聞いてきます。

Bさん「ほかの子と比べると落ち着きがないでしょう?」と園長先生に言われたんです。

発達障害の検査では問題なかったんですが、たくさんの子どもを見てきている園長先生にそう言われると、どうしても不安になってしまいます。

徳田まず、園長先生がたくさんの子どもを見てきているというのは間違いです。

個人経営の園の場合、園長先生の息子が会社をやめて後を継ぐということもあります。

もちろん、本当に子どものことを考えている園長先生もたくさんいますが。

Bさんそうなんですね。少し安心しました。

「これができないと駄目だ」と言われ続けて、私も子どもも少しがんばりすぎていたのかもしれません。