座談会レポート②「反抗は手のひらで転がすように」

反抗期Aさん:反抗した時は、どうしたらいいんですか?

徳田:反抗は、自分の意思を外に表す訓練なんです。

反抗することで、何が良くて、何が良くないのかを学んでいるところなので、むしろ反抗させたほうがいいんですよ。

「そんなことしちゃダメでしょ」と言っても、「ダメ」の基準を学んでいるところですから、わかるわけがないんです。

Aさん:「そんなことしちゃダメ」って抑えつけていました!

徳田:さらにいうと、反抗したことでたたかれたりすると、「たたかれるよりは我慢したほうがいいな」と黙るようになりますよね。

するとその反抗のエネルギーを放出しないまま成長して、思春期になってわっと出てしまう。

そうなるともう手がつけられませんから、今のうちに上手に反抗させてやってください。

Bさん:上手に反抗させる…ですか?

徳田:「はいはい」って聞き流すといいでしょう。

そこでおすすめしたいのが、おうちの方がわかりやすい基準を持つことです。

例えば「店では走らない」「チョコレートを買うのはお出かけの時だけ」なんて線引きして、ダメなものはダメで通す。

すると子どもも「ここでわめいても無駄だな」と学習して、無駄なエネルギーを使わなくなりますよ。

よく「理由を説明しましょう」なんて言われたことがあるでしょうが、あれはうそ。

お母さんは説明しているつもりでも、子どもは叱られていると感じているんです。

“わかりやすいお母さん”が育児を成功させるポイントです!

一同:そうなんですね!

徳田:さらにおうちの基準、つまりルールを守れたら、カレンダーにでもシールを貼っていってください。

それで5つ貯まったらチョコレートを買うことにしたり、増えるたびにお父さんにほめられたりすると、子どもはうれしくてシールを貼ることを頑張るようになる。

と同時に、自分の行動をコントロールすることを学習していくんです。

ぐずるたびにお菓子を買い与えるようなことをしていると、子どもはぐずることを頑張るようになりますよ。