3歳児検診での相談

公的機関の乳幼児健診での相談

3歳児検診

乳幼児健康診査いわゆる「3歳児検診」と呼ばれるものです。

住んでいる地域の保健センターで定期的に健診を受けることができます。これがもっとも身近な相談の機会です。

健診には、小児科医、歯科医、保健師、栄養士といった子どもの病気、子育ての専門家がいます。最近では子どもの発達の専門家が立ち会うこともあります。

健診とは、子どもの特性を把握し、それにどう対応したらよいかを相談する場です。育児の悩みや、子どもの生活面や行動面で気になっていることがあれば、問診のときに遠慮せず相談してください。

保健センターは、健診のとき以外でも相談を受けつけています。子育てに迷ったり、子どもの発達に疑問を感じたら、一人で悩まずに相談してください。

                 ⇒次を読む 公的機関における信頼できる相談先の見つけ方