偏食コラム最終回


コラム:食べこぼしの多い子どもにはどうすれば良い?

発達障害(ADHD、アスペルガー障害等)の傾向のある子どもは、食器を上手く扱えなかったり、注意力に欠けたりしてしまうこともあり、食べこぼしが多くなってしまいます。

スプーンであれば食べられたものも、箸になると全く思ったように食べられないこともあり、食べこぼしをするばかりか、食べること自体が嫌になる子どもがいます。

そんな時は子どもが扱いやすい食器、スプーン、フォーク、箸に変えることや、食べ物を食べやすい大きさにするなどの工夫が必要です。

具体的には、持つ部分となる柄が太いものや、滑りにくい素材でできているものが良いです。

金属のものは細かったり、子どもにとっては重かったりと扱いにくいですから、プラスチックや木の素材でできたものの方が良いです。

また食事の際に手が止まってしまう、集中力が切れてしまって食べこぼしをしてしまう子どもには、名前を呼び食事中であることを優しく伝えるようにしましょう。