偏食コラム第7回


Q&Aその5:料理、盛り付けについての続編

Q、三角形のおにぎりをおにぎりじゃないと言う

おにぎりが大好きな娘がいます。毎朝よく食べます。

しかし、食べるのは俵型です。「三角形のおにぎりはおにぎりじゃない」と言うのです。

A、 一緒に握ってみてはいかがでしょうか

子どもの中には「おにぎりは俵型」とか「おにぎりは三角」という自分なりのルールやイメージを持っている子どもがいます。

特に発達障害(ADHDやアスペルガー障害)の傾向のある子どもは、想像力が少し弱いため同じおにぎりだということを理解しないこともあります。

そんな時はおにぎりを一緒に握ってみてはいかがでしょうか。

おにぎりができていく過程を見ることができれば、同じおにぎりだけど形が違うだけだとわかるようになります。