偏食コラム第85回


偏食への具体的な対応策

○事例2、食べていると口に付くのが嫌

Bくんはご飯が好きです。

そんなBくんにおにぎりをあげると、最初のうちは勢いよく食べるのですが、なんだか途中から食べづらそう。

段々と口の周りにごはん粒がつくようになり、機嫌が悪くなって食べるのを止めてしまいました。

 

対応策2、食べやすく口に付きづらい形や大きさにしましょう

Bくんのようにごはん粒がペタペタとくっつくのを嫌う子どもがいます。

おにぎりだけでなく、サンドイッチやピザ、すいかのような三角形の食べ物は、食べていると段々と口に触れる面積が広がり、口の周りに食べ物が当たります。

そのため、最初から棒状にする(おにぎりであれば俵型)と、口につきづらく子どもには食べやすいです。

また、大きさを小さくして一口でパクッと食べられるようにするのも有効です。