座談会レポート⑭「危ないことをするお子さんへの接し方」

危ない子どもAさん:うちの子は、すべり台の上で年長さんの男の子から何度も背中を押さえれたことがあります。

「危ないからやめてね」と何度言ってもやめてくれないんです。

徳田年中さんや年長さんになると、やってはいけないことが身についてきます。

わかっているのにそれを無視してやるというのは、そのお子さんに何らかの問題があると思われます。

園の先生がそのことに気がついていてくれればいいのですが。

Aさんそのときはたまたま私もその場に居たので支えてあげられたんですが、もし誰も見ていなかったらと思うとぞっとします。

徳田そのような傾向のある子を常に見守っていけるような保育が必要ですね。