児童手当について

申請

誰がもらえるの?

中学校修了前(15歳到達後、最初の3月31日まで)の児童を養育している父母などが対象となります。

なお、児童については、「国内に居住していること」が要件です。

支給時点で海外にいても「留学中」の場合は対象となります。

いくらもらえるの?

児童手当の支給額(1人あたり、1カ月分)は次の通りです(2015年9月現在)。

・3歳未満 1万5000円

・3歳~小学校修了前
  第1・2子 1万円
  第3子以降 1万5000円

・施設入所等の児童 1万円

・中学生 1万円

・所得制限を超える場合 5000円(特例給付)

所得限度額を把握しましょう!

児童手当の支給には保護者の所得制限があります。

扶養人数によって制限額は変わるので、支給手続きを行う際は必ず確認するようにしましょう!

所得制限については、厚生労働省の「児童手当所得制限限度額表」をご覧ください。

いつもらえるの?

支給は年3回です。2月、6月、10月にその前月までの4カ月分がまとめて支給されます。

手続きの方法は?

子どもを出生、または市外から転入した場合、手続きが必要です。出生後または転入後15日以内に手続きをしましょう。

手続きをしないと、児童手当はもらえませんので注意しましょう!

申請前の分はさかのぼってはもらえないので、赤ちゃんが誕生したら、出生届と同時に手続きを済ませることがポイントです。

公務員の方は職場での手続きになります。同じく、すみやかに手続きを済ませましょう。

月末が締切なので、出生日が月末に近いときは特に急いだほうがいいです。なお、児童手当の受給者は、一家族に1人のみです。

■提出書類

  • 認定請求書(役所の担当窓口で用紙をもらえます)
  • 請求者本人の健康保険被保険者証のコピー
  • 子どもが市外で別居している場合は、子どもの住民票も必要

■用意するもの 

  • 印鑑(認印)
  • 希望振込先の預金通帳(振込希望口座は、請求者本人名義の普通預金口座のみ、子ども名義の口座はNGです。)