出産育児一時金

お祝い

出産育児一時金とは?

出産は病気ではないため、健康保険の適用外となり、かかる費用は全額自己負担となります。

そこで、まとまった支出となる出産費用として、支払われるのが出産育児一時金となります。

誰がもらえるの?

健康保険に加入または被扶養者で妊娠4か月以上で出産した人は支給対象になります。

ちなみに、妊娠85日以上で死産や流産になってしまった際も支給対象になります。

いくらもらえるの?

子ども1人あたり42万円が支給されます。

ただし、「産科医療補償制度」の対象にならない出産の場合は40.4万円(平成27年1月以降の出産分。平成26年12月31日以前の出産分は39万円)になります。

また、双子であれば2倍の84万円(但し、出産育児一時金の請求用紙の証明欄に、担当医から多胎であることを必ず記入してもらう!)が支給されます。

申請手続きや問い合わせ窓口は?

会社員や公務員、退職後に健康保険の任意継続をした妻は、勤務先の健康保険に申請します。夫が会社員・公務員で、妻が扶養になっていた場合は、夫の職場の総務部など担当部署か、健保・共済組合の窓口へ。